2017年夏期観たアニメの感想・評価まとめ

  

今期最後まで観たアニメを書き出してみて、思わず「少なっ」と声に出してしまうぐらい今期はアニメを観ませんでした。自動車講習があったり母が病気でぶっ倒れたりいろいろ大変であまりアニメ観てる余裕がなかったというのもありますし、まあ個人的に興味のある作品が少なかったというのも事実です。Fateシンフォギアもつまらなかったというわけではないのですが、妙にアウェー感というかついていけなさを感じてしまって、途中で観るのをやめてしまいました。とりあえず今期観た6本(少なっ)の感想を簡単に書き留めておきたいと思います。

 

アホガール:75点(今期ベスト)

率直に言って非常に面白かったです。変な奴がいっぱい出てきて変なことをやりまくる、最初から最後までギャグに徹する潔さ。夜の校舎のワクワク感を描いた9話は特に好きです。

しかし、彼女たちの「アホさ」に、妙に現実的な生々しさ(端的に言えば学習障碍、発達障碍に近いもの)を感じてしまう場面もあり、特にあっくんの妹瑠璃ちゃんのエピソードは、何かおかしさよりも痛ましさのほうを強く感じてしまって、個人的にはちょっと素直に笑えませんでした。11話で彼女が「実は私は何もできない子なのではないか?」と疑問に駆られる一連のシーンはかなりきつい。

あと栄村茜ちゃんが個人的にすごく好みです。9巻の百合エピソードをアニメで観られる日を楽しみにしています。

 

アホガール(9) (週刊少年マガジンコミックス)

アホガール(9) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

 徒然チルドレン:70点

SNSでいつでも繋がれる時代になっても、恋愛のもどかしさは不変。全てのエピソードが際立って面白い8話、初めて真面目にテストを受ける不良少女の不安を描いた11話が好きですね。「普通に良い」という常套句がぴったり当て嵌まるというか、あまり語るようなところもない作品です。ラブコメ好きなら概ね誰でも楽しめるんじゃないでしょうか。

 

捏造トラップ-NTR-:65点

徐々にエゴを剥き出しにしていく由真と不敵な誘惑者としての蛍、ミソジニーを体現するような男藤原と善良であるがゆえに裏切られていく武田……それぞれ全く異なる価値観を有する彼等のスリリングで破滅的な関係性が面白かったです。ただ、同性愛というものを何か堕落や不健全さの象徴として配置してしまうような構図はやっぱりちょっと差別的というか(今やすっかりイヤな言葉になってしまいましたが)所謂「ポリティカル・コレクトネス」の見地から言ってどうなんだろう、と思わなくはないです。

 

異世界はスマートフォンとともに:45点

ある意味今季最大の注目作ですが、実はこれ、個人的にはそれほど酷いとは思っていません。勿論積極的に評価したい作品ではありませんが。

自らは何も欲望せず、ただ受動的に神の恩恵を享受し続けるだけの望月くん、しかしそんな彼が最後には「流されるままでは駄目だ」とはっきり言い、主体的に人生を歩もうとするというのは、これはこれでひとつの成長物語としてアリなんじゃないかなとは思いました。あと琥珀がかわいい。

 

スカートの中はケダモノでした。:15点

女装して女を襲う悪質な強姦魔に惚れる主人公。早く通報しろよ。

 

Re:CREATORS:15点(今期ワースト)

個人的には迷いなくぶっちぎりのワースト*1。というのも、このアニメ22話の中には僕の嫌いな物語的要素――ポエム、演出過剰、無駄死に、押し付けがましいメッセージ性、欺瞞的解決――が全て詰まっているからです。

このアニメに関してはもう問題があり過ぎてここでいちいち指摘はしませんが『Re:CREATORSを観ていて僕が終始思うのは、とにかくあらゆる面で「ダサい」ということです。物語しかり、演出しかり、台詞回ししかり。そして、何より「ダサい」のは、このアニメ全体が内包している鼻持ちならないメッセージ――即ちこの物語の全てが結局はクリエイターの自己慰撫、自己弁護に帰着してしまう、ということでしょう。

あ、まあでもOPとEDはどちらも良いです。何というか、そんなところでしょうか。

 

*1:いくら何でも「ケダモノ」よりはマシじゃないかと言われるかもしれませんが、宣伝費の違い、また「ケダモノは1話数分で終わる」「エロという最低限の需要には応えている」というあたりを考慮すると、やっぱりこれがワーストかなあという気がします。すごく低レベルな話ですが